私はWeb以外にリーフレットや展示会用のパネルのデザインも制作しています。また、パワーポイントのブラッシュアップもよくある案件です。
で、長いお付き合いのクライアントさんの場合、この間制作したあのパネルを修正したいとか、あのリーフレットを増刷したいとか、このパワポのデータ失くしちゃった(エー(´・ω・`))んだけどまだ持ってる?とか・・・そういうお問合せをいただくことがよくあります。
制作物は案件ごとに日付やファイル名のリストなど作って管理しているのですが、クライアントさんの方でファイル名を変えられることも多く、その変えてしまったファイル名でお問合せが来たりすることもあります。
そうなると、ビジュアルでの一覧表をWeb上に作成して、該当のデータを探したり、クライアントさんにこれですよね?って確認することも多々・・・
一々手作業で画像貼るのは面倒なので、特定のディレクトリ内にアップした画像をphpで一覧表示させてます。
以下のphpを画像と同じディレクトリに放り込むだけ。

ほんとは便利なストレージサービスを使えば、高機能だし楽なんですが、研究職の方や公的な事業を行っている会社、あるいは製品写真が機密情報扱いになっている製造業の会社など、ストレージサービスを使うことに抵抗のあるクライアントさんは意外と多くて・・・
保守的なお土地柄もあるのかな・・・
というわけで、認証かけたりその他色々とディレクトリの保護対策もします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です