bodyのclassに、カスタム投稿タイプ、タームを挿入

カスタム投稿タイプやタームごとに、ちょっとしたスタイルの変更をしたい場合など、bodyタグのclassにカスタム投稿タイプやタームを挿入する方法です。
いつも検索で探してしまうので、メモ。

参考にしたサイト

カスタム投稿タイプを挿入
[WordPress] カスタム投稿タイプのタイプ名をbody_class()のclass名に追加する – かちびと.net
http://kachibito.net/wp-code/add-body_class-custom-post-type

タームを挿入
bodyのclassにスラッグを入れる | 長崎/佐世保のホームページ制作会社 クロッキーワークス
http://www.croquis.jp/?p=726

すべてのタームを挿入
関数リファレンス/get the terms – WordPress Codex 日本語版
https://wpdocs.osdn.jp/関数リファレンス/get_the_terms
※「すべてのカスタム分類のタームを取得する」例の部分

WordPress:body_classに独自のクラスを追加する方法+代替で独自のIDやクラスのみをbodyに指定する方法 | NxWorld
http://www.nxworld.net/wordpress/wp-body-class-adding-more-classes-and-alternative-method.html

手順

class名を挿入したbodyタグのあるテンプレート(single.phptoとかindex.phpとかtaxonomy-xx.phpとか、場合によってはheaer.phpかも)のbodyタグ部分に以下、記述します。

function.phpに以下、記述します。

もう一つ。上記のタームのスラッグをclass名として挿入する場合は「example_cat」というタクソノミーのスラッグを指定して、そのタクソノミーに属するタームを取得している。しかし、複数のタクソノミーを使用していてbodyタグの記述のあるテンプレートが共通という場合、すべてのタクソノミーに属するタームを取得してclass名として挿入したい。その場合は、function.phpに以下の通り記述。

関連する記事

bodyタグのclassにページスラッグを追加する。
http://memo-tan.com/wordpress/add-page-slug-in-body-class_20141002.html

About sakaism

名古屋で働くWebデザイナー 最近はデザインとは別のフィールドを持ちたいなぁとも思っている。
This entry was posted in テンプレート作成. Bookmark the permalink.

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です