投稿の承認用のユーザーを作成する

例えば、こんなパターンの時、

  • 弊社が制作とシステム運用を担当。
  • クライアントのA社が更新担当。
  • 投稿の内容についてはB社の承認が必要。
  • B社には管理画面は見せたくない。

承認の仕組みは色々な方法があります。

「wordpress post branch」というブランチが便利そうですが、カスタム投稿タイプへの対応などではカスタマイズが必要そう?(今のバージョンではどうなのか確認してないのですが)

今回は、以下の方法で。

  1. B社はプラグインで「承認者」権限を新たに作成。非公開記事を見られるように設定。
    プラグイン:User Role Editor(http://role-editor.com/
  2. A社は「編集者」権限で管理画面から記事を作成。非公開で更新してB社にURLをお知らせ。
  3. B社は、ログイン後サイトのトップにリダイレクトされる(管理画面は見えない)。
    プラグイン:Peter’s Login Redirect(http://www.theblog.ca/wplogin-redirect
  4. B社は、A社からもらったURLで非公開記事を確認。
  5. A社はB社から承認をもらったら、非公開記事を公開にする。

ブランチでの承認のほうが楽ですが、あまりリテラシーが高くない方や多数の方が確認する場合は、ちょっとアナログな手間をかけたほうが、使いやすいという時もあります。

About sakaism

名古屋で働くWebデザイナー 最近はデザインとは別のフィールドを持ちたいなぁとも思っている。
This entry was posted in 管理画面カスタマイズ. Bookmark the permalink.

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です