個別ページでトップページ用の設定画面を作成。更新をプレビューしたい

例えば、トップページに画像のスライダー(今回は「FlexSlider 2」を使用)を設置。画像はユーザーが管理画面からアップロードしたい。
更新時にはプラグイン「WP Post Branches」を使ってブランチページを作り、ブランチページでの変更をプレビューできるようにしたい。

参考にしたサイト

[WordPress] 非公開や下書きの固定ページを親ページに設定できるようにする – かちびと.net
http://kachibito.net/wp-code/add-private-draft

手順

1.固定ページでトップページの設定ページを作成。タイトルを「トップページの設定」、スラッグを「top_setting」として非公開で公開。

2.カスタムフィールドを簡単に設定できるプラグイン「Advanced Custom Fields」でトップページ用の設定画面に画像アップロード用のカスタムフィールドを作成。アドオン「Repeater」を使って、複数の画像をアップロードできるようにしておく。
カスタムフィールドの適用ルールは、
「ページがトップページの設定(private)と等しい」または「Page Parentがトップページの設定(private)と等しい」
とする。

3.function.phpで非公開、下書き状態のページを親ページに指定できるようにする。

4.「トップページの設定」ページのブランチを作成。親ページに「トップページの設定」ページを指定すると、トップページの設定用のカスタムフィールドが適用される。画像等変更して非公開にして公開。

5.function.phpでブランチのプレビュー先を変更する。

7.プレビューすると、ブランチの変更が反映されたトップページが表示される。

8.確認してOKだったら、非公開を公開に変更して更新。ブランチの内容が「トップページの設定」ページに上書き保存される。親ページの指定は自動的になくなる。

※ブランチを削除する時はゴミ箱からも完全に削除しておかないと、次にブランチを作成した時にブランチのスラッグがtop_setting-branchじゃなくなって動作が変わってしまうので注意。

About sakaism

名古屋で働くWebデザイナー 最近はデザインとは別のフィールドを持ちたいなぁとも思っている。
This entry was posted in テンプレート作成, プラグイン, 使ってみたプラグイン. Bookmark the permalink.

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です