下書きページも閲覧だけできる権限グループを作る―User Role EditorとAdmin Menu Editor

以前、「投稿の承認用のユーザーを作成する」という記事では非公開記事をログインして確認するというフローにしましたが、クライアントワークで、下書き保存した記事を確認したいという要望があったので、やってみました。

条件

  • 弊社が制作とシステム運用を担当。
  • クライアントのA社では編集者権限の担当者が記事の投稿を担当。
  • A社の編集担当者は作成した記事に対して社内の色々な人に承認を得る必要がある。
  • 承認者には、非公開の記事と下書きの記事を公開前に見せたいが、編集はできないようにしたい。

使用したプラグイン

User Role Editor
https://wordpress.org/plugins/user-role-editor/

 ユーザーごとに権限を細かく調整できるプラグインです。

手順

  1.  User Role Editorで購読者権限で社内閲覧用の権限グループを作成(Add User Role)します。今回は承認者の権限グループを「authorizer」としました。
  2.  User Role Editorで作成した権限グループ(Use Role)の権限を調整します。「read」のみチェックがついているのですが、「read_private_pages」「read_private_posts」「edit_others_pages」「edit_others_posts」もチェックします。
  3. 「Show deprecated capabilities」にチェックして、「level_0」と「level_1」にもチェックします。(これは必要ないかもしれない。)
  4. 社内閲覧用のユーザーの権限グループを社内閲覧用の権限グループに指定します。
  5. function.phpに以下のコードを書いて、管理バーの「ページを編集」と「+新規」のリンクを非表示にします。
    ついでに管理者権限以外は管理バーのコメントと更新も非表示にするようにしました。

ログインしたら、管理画面を見せずに、トップページなどにリダイレクトして、管理バーも非表示にしてしまうのも社外に承認者がいる場合は良さそうです。
その場合は、一定期間をすぎるとログアウトするようにした方が良さそうです。

参考にしたサイトなど

他に、管理者権限ごとに管理画面をカスタマイズする時には、管理画面のメニューを「Admin Menu Editor」を使って、調整しています。

Admin Menu Editor
https://wordpress.org/plugins/admin-menu-editor/

管理画面のメニューの表示をカスタマイズできるプラグインです。

About sakaism

名古屋で働くWebデザイナー 最近はデザインとは別のフィールドを持ちたいなぁとも思っている。
This entry was posted in 管理画面カスタマイズ. Bookmark the permalink.

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です