カスタムフィールドの値をループの外で使う

今日、sidebar.phpでカスタムフィールドの値が表示できないなーって悩んでて、はっと気がついた。
ここはループの外じゃないの。あー15分無駄にしたよ。

以前MagicFieldを使っていた時に最後の特定のページのカスタムフィールドを取得するのをよく使った。
クライアントからサイドバーの営業時間やら店舗リストやらを自分で更新したいというような場合、テンプレートを触ってもらうよりもカスタムフィールドを差し込むほうが安全。
特定のページにカスタムフィールドを作っておいて(MagicFieldなら簡単)、公開状態を「非公開」にしておいて、その値を取得して表示する。

その頃もどうやって表示するかなぁとググって下記の記事をevernoteにメモってました。感謝。

[WordPress] ループの外でカスタムフィールドを取得する – かちびと.net
http://kachibito.net/wp-code/custom-field-outside-loop

余談だけれど、最近はカスタムフィールドを作るのに、MagicFieldは使っていなくて、Advanced Custom Fieldsを使っている。Custom Post Type UIでカスタム投稿を作って組み合わせて使うことが多い。
でも、iPhoneやiPadのアプリからの投稿で困る。最近、iPhoneやiPadから投稿したいというクライアントがぼちぼちいるし。
iPadでコーディングもやれてしまうので、自分も家ではPC立ち上げないことが多い。

About sakaism

名古屋で働くWebデザイナー 最近はデザインとは別のフィールドを持ちたいなぁとも思っている。
This entry was posted in テンプレート作成 and tagged . Bookmark the permalink.

スポンサードリンク

One Response to カスタムフィールドの値をループの外で使う

  1. Pingback: カスタムフィールドの値をループの外で使う | めもたんWordPress | wordpressカスタマイズ忘却ログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください